So-net無料ブログ作成

アメリカの桜祭り [雑感]



img_196afdcd43aa4009a0a6eb2f4ff65c3f334247.jpg
参照元:http://www.afpbb.com/articles/-/3012234

今年もアメリカのワシントンの桜がきれいに咲き誇っているようです。

ワシントンの桜は、1912年3月27日に当時の東京市長(この時はまだ都ではありませんでした)の尾崎行雄氏から寄贈されたものです。

ですが、これ以前から、日本からアメリカへ桜をもっていこうとする試みがありました。
最初はエリザ・シドモアという女性が1885年頃から、埋め立てられたポトマック川河畔沿いに植樹することを提案しました。
その後、デビッド・フェアチャイルドという植物学者が自らの所有地に1000本の桜を植樹し、桜の植樹を促進しました。
また、高峰譲吉という科学者と水野幸吉というニューヨーク日本総領事が東京の名で2000本の桜を贈ることをヘレン・ヘロン・タフト大統領夫人に提案し、了承を得ました。
1910年1月6日、ワシントンに2000本の桜が到着しました。
しかし、この時に贈った桜には病気や害虫などが発見され、すべて焼却処分されてしまいました。
ですが、高峰氏は今度は3020本の桜の寄贈を試み、1912年3月26日にワシントンに到着しました。
その翌日には式典が開かれ、晴れて日本からアメリカへ桜の寄贈となったのです。

このように桜の寄贈の陰には多くの方の尽力がありました。

現在では、ワシントンにて全米桜祭りというものも開催されています。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。