So-net無料ブログ作成

JAF調査、違反車両がほとんどなことが明らかに [ニュース]




信号のない横断歩道、もし、渡りたそうな歩行者がいたら止まりますか?

止まった方は正解です。

止まらなかった方、道交法違反で3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金です。

文章だけ見れば、止まったほうがよさそうなのは明白ですね。

しかしながら、現実をみると、止まらない車が9割だそうです。

26日、JAF(日本自動車連盟)は、全国で行った自動車の運転に関する調査の結果を公表しました。

調査は、8月15日〜9月1日の期間、47都道府県を対象に、全国94ヶ所で実施されました。

調査では、片側1車線の道路上の信号のない横断歩道が使用され、平日の10:00〜16:00の間JAFの職員が横断しようとしたとき、どれぐらいの車が止まるかが記録されました。

その結果、通過した自動車1万26台のうち、止まった車は757台で、全体の7.6%にとどまりました。
また、調査地94ヶ所のうち、48ヶ所では、止まった車の割合が5%未満でした。

この結果を受けて、JAFは「教習時に習ったのを忘れてしまう」「道交法違反の認識がない」として「キャンペーンなどを通して啓発活動を行っていきたい」としました。

法律上、車は歩行者の進行を妨げてはならないこととなっています。

実際、人対車の事故において、横断歩道は事故が起こりやすいところと言われています。

車の信号無視や不注意だったり、歩行者の不注意だったりで事故は起きますが、いずれにしろ、事故の責任は車の方に大きくのしかかってきます。

この間も、駐車場にてアクセルとブレーキの踏み間違えで他の車に追突した事故や、建物に突っ込んだ事故がありました。

また、私の住んでいる地域でもひき逃げがあり、警察が捜査しています。

一瞬の注意の有無が、一生を分けることがあります。

運転する人は誰でも、走る凶器を動かす者という自覚を持って、今一度、運転することに対して襟を正していく必要がありますね。

特に、日々よく運転し、車に慣れていると思い込んでる方、先日のタクシーの事故の二の舞いにならないよう、要注意ですよ。

教習のときの運転を思い出し、セカセカしない、基本に忠実で、事故を誘発しない、譲り合いのある運転を心がけましょう。



タグ: JAF 違反 9割
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。