So-net無料ブログ作成
検索選択

ジブリ「魔女の宅急便」、今年の冬にイギリス・サザークプレイハウスにて舞台化 [映画]




有名なジブリ映画の一つ「魔女の宅急便」が舞台化されるそうです。

舞台「魔女の宅急便」は、イギリスロンドンにあるサザークプレイハウスにて、今年の12月8日〜翌年1月8日の一ヶ月間に渡って上演される予定です。

監督は、ミュージカルチャーリーとチョコレート工場」でサム・メンデスと共同演出をした、ケイティ・ヒューイットが務めます。

また、昨年、同地で上演された舞台「Klippies」が絶賛された、新人劇作家ジェシカ・シアンが脚色を手がけるそうです。

映画「魔女の宅急便」は、角野栄子による児童文学『魔女の宅急便』が元となっている長編アニメーション映画です。
映画のあらすじは、もうみなさんご存知の通り、13歳になる物語の主人公、魔法使いのキキが、魔女の掟により故郷を離れ、ある町で生活を始め、様々な経験を通して成長していく、というものです。

この映画は、日本ではすでに何度かミュージカルも行われ、実写映画もありましたが、海外で舞台化されるのは初めてです。

ジブリ作品の舞台化として、過去には「もののけ姫」が舞台となったことがありました。

今回の作品はどのようなものとなるのでしょうか。

しゃべるネコや箒で空を飛ぶシーンの再現など、気になるところが盛りだくさんです。
映画の雰囲気が感じられる良い舞台になると良いですね。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。