So-net無料ブログ作成
検索選択

ビールの苦味成分にアルツハイマー病予防効果 [健康]




みなさんはよくビールを飲んだりしますか?

私は、嫌いではありませんが、あまり飲まないです。
飲み会などでも、最初の一杯だけビールで後はほかのお酒を飲んだりすることが多いですね。

しかし、ビールが好きな方は結構いるようで、以前働いていたところの上司や同僚も、帰り際缶ビールを買ったりと、ビール好きが多かったように思います。

夏、ソラマチで行われたビールフェスはすごい盛況だったようですしね。

最近は市販のビールの種類もだいぶ増えてきて、外国クラフトビールを見る機会も増えたように思います。

今でこそ、税金の関係で下火と言われているビール類ですが、この度、そのビールに含まれているホップ由来の苦味成分にアルツハイマー病の予防効果があることが分かったそうです。

これは飲料メーカーのキリンと東大、学習院の共同研究チームにより判明しました。

実験では、苦味成分である「イソα酸」が脳内の免疫細胞「ミクログリア」を活性化させ、アルツハイマー病の原因とされるタンパク質「アミロイドβ」を減らすことが分かったそうです。
また、認知機能の向上も確認されたということです。

日本の認知症の約7割はアルツハイマーと言われています。

ひと昔前は原因も分からず、直すことも難しかったこの病気も、種々の仮説・因果関係などによりメカニズムは少しずつ解明されています。
まだ直すことは難しいですが、きちんとした治療法ができる可能性は、以前よりずっと高まっています。
文科省によると、2030年までには進行を阻止することが可能になるともされています。

新しく、予防に有用なものが分かったということで、アルツハイマー病を防ぐことへまた一歩進んだこととなりました。

ちなみに、ビールにアルツハイマー病の予防に有用なものが含まれているからといって、過度の摂取はやめましょう。
ビールの場合、1日350ml以内が許容量です。

飲み過ぎは脳や身体へ重大なダメージを与える原因となります。
過度の飲酒は脳の萎縮を引き起こし、認知機能の低下、運動能力の低下などの症状があらわれます。
本末転倒とならないようにしましょう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。